アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ共和国を拠点とするMzansi Meatは、現在はまだ研究段階にあるが、年内に最初のプロトタイプを発表し、来年後半には販売したいと考えている…

インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ

農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが約24億円を調達

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表

ピックアップ記事

注目記事

次回Foovoセミナーのご案内

【2024年】培養魚企業レポート販売開始

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  2. クラフト・ハインツがカスタマイズ可能なソースディスペンサーHEINZ REMIXを発表
  3. ニュージーランド企業Daisy Labが精密発酵ホエイのスケールアップ生産に成功
  4. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動
  5. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  6. 自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP