ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリストにアラブ首長国連邦(UAE)も加わるかもしれない。UAEは最近、食料生産を3倍にすることを目指す取り組みとして、フードテックバレーを…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

タイソンの植物肉ブランドRaised & Rootedが100%植物ベースの新商品を発売

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、800の予約注文を受注

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

ピックアップ記事

注目記事

次回Foovoセミナーのご案内

【2024年】培養魚企業レポート販売開始

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達
  2. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発
  3. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始
  4. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsが日本で登録商標を取得
  5. 米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表
  6. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP