アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような影響を及ぼしているか把握することは難しい。アイルランド、ダブリンを拠点とするスタートアップEvoccoはそれを可能とするアプリを開発…

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジの研究論文

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

ピックアップ記事

注目記事

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達
  2. 全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本格導入
  3. 米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発
  4. 米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施
  5. 精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達
  6. Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリアルタイムに測定するセンサーシールの商用化を拡大

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP